So-net無料ブログ作成
検索選択

1000通貨の口座を検討する [なう]



逆張りナンピンやる前にチャート分析。
動いてる通貨はエントリー。

チャートを分析して、ナンピンポイントは決めてある。
しかし、どうしてもポジションが増える
通貨ペアや、時間足ごとにトレードしてたら仕方ない。

細かい発注が出来る口座が必要になってきた。

ベストな口座を見つけた。

1通貨単位からOKだから、細かく発注出来る。
初心者の入門口座にも、いいんじゃないかな。

狭いスプレッドもいい。
タマにスキャルやるから。
スキャルでスプ広かったら、やってられないよ。

FXを取り扱いはじめたばかりの会社。
だけど、SBIだから安心感もある。
380の銀行で、クイック入金対応しているから無問題。



開設はここから

⇓  ⇓  ⇓  ⇓


















nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

トレード前の作業 [ルール]





FX始める前に、必ずやってること。

チャートにラインを引いて、トレンドや勢いを確認する。
いわゆるチャート分析を自分流でやる。
1時間足が基準で、直近の高値、安値に水平線。
アップトレンドなら、ローソクの安値と安値を結ぶ。
ダウントレンドは逆で、高値と高値を結ぶ。
そのトレンドラインが、有効か無視されてるかを確認する。

インディケーターを当てはめて確認する時もある。
移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド。
オシレーター系だと、RSI,移動平均乖離率、MACD、ストキャスティクス。

これだけやってから、ポジションを考える。
ロングかショートか、どのタイミングで・・・
指標発表の確認も同時にやっておく。



こんな感じで始めるんだけど、今のスタイルはいい。
何と言っても勝ててるし、俺に合ってる。

勝てるようになったきっかけは、リカバリー出来るようになった。
このテクニックが身についたことが大きい。
教えてもらって、すぐ出来るものじゃない。
練習が必要、デモでもいいから。

今だったら、いい加減にポジション掴んでもなんとかなる。
逆張りからナンピン、逆行してまた逆行の時。
同値での決済で逃げるなら、70%以上出来るんじゃないかな。

教えてもらったのはここ、最近はリアルトレードの実況までしてるよ。
簡単なテクニカルをもっと簡単にしたFXブログ








nice!(0)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

枚数が多い時はほどほどに [ルール]


逆張りナンピンやって枚数が多くなった時。
この時に、一番気をつけないといけないこと。
程々に、控えめにするってこと。
証拠金に対して、枚数が多いと強制退場の可能性が高くなる。

例えば
1000通貨単位から取引できる口座で、1万円からスタート。
0.1ロット(=1000通貨:1ロットは10000通貨の業者がほとんど)約4000円が証拠金。
10000円の内、4000円を証拠金として預託するから残金は6000円
600p逆に動けば強制ロスカット。



ナンピンで+0.1ロットの合計0.2ロットだと、証拠金が8000円で残金2000円。
(ナンピン=逆行してる、だから、現実の総資金は減ってるけど今回は無視)
200p逆に動けば強制ロスカット。

ユーロやポンドの場合、一瞬で200p動くことは極めて稀。
だけど、一日だと結構ある。
600pは経験ないけど(去年はスイス・フランであった)



ナンピンして枚数が多くなった。
予想通り反転、利益が出てきた。
だけど、また反転して逆行。


ここでさっきの条件のような枚数持ってたら、欲張っちゃダメ。
利食いが原則、最悪でも同値決済。

根拠と自信のある時は別だけど、経験上お薦めはしない。
ダメージ大きいから、強制ロスカット(退場)の可能性大。

ナンピンした時点で、含み損。
トレンドとは逆のポジションとってる。
トレンドが強い時、逆張りからナンピンはタブー。
そもそもポジションとったところで、リスクが大きい。

初心者の頃は、これがわかってなくて何回か退場した。

nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。